無線LAN中継器が必要な場合

無線LANは直線には強いけれど、障害物があってもよけることができませんし、カーブすることもできません。
直線的に電波を発するので、もしかすると無線LANの置場が悪いのかもしれません。また、無線LANの電波が届きにくい壁などがあり、そこを超えないと不安定になってしまう、接続できなくなるという状態かもしれません。

こういった場合、無線LAN中継器を利用すると解決することが多いです。無線LAN親機から無線LAN中継器を通じ、子機に対して電波を送ります。もしもタブレットやパソコン、スマホを無線LAN親機に近づけてみると、通信が安定する、接続が切れないということならまちがいなく電波が届きにくい状態といえます。

この場合、中継器を親機、子機から見やすい場所においてみると解決することが多いです。また途中に水槽などガラスがあると電波が通りません。そのため、水槽やガラスの花瓶など親機と子機の間で障害にならないようにしなければなりません。

中継器を利用することでかなりクリアに通信できるようになったというご家庭もあります。不安定だったり接続がたびたび切れるということなら、一度、無線LAN親機の位置を変えてみると、何が原因になっているのかしっかりわかるかもしれません。