無線LANが不安定?

自宅でやっと無線LANが利用できるようになった、これは非常に画期的なことです。
今までぐちゃぐちゃの配線の中、ケーブルに囲まれたようになってインターネットを利用してきた方にとって、無線LANというシステムが利用でき、ケーブルレスの生活ができるようになったのは最高の出来事だったでしょう。

無線LANはWi-Fiともいわれますが、無線LANの電波というのは携帯電話会社の通信網よりもずっと電波が届く範囲が短いです。携帯電話の基地局からはかなり広範囲に電波が飛びますが、無線LANの場合、飛んでも数十メートルくらいなので、外出先ではモバイルルーターを持ち歩くか、公衆無線LANを利用する、もしくは携帯電話会社の電波網を利用することになります。

でも、自宅の中で数十メートルも離れていないのに、電波が不安定、通信の障害が出るという人もいます。同じ無線LANルーターを利用していても、家が変わると通信が不安定になる事があるというのです。これはどういうことなのでしょうか。
例えば同じ地域の同じ並びの家なのに、隣の家は快適な無線LAN環境があり、自分の家は不安定だし、利用できない部屋がある・・・という感じです。何が障害電波でも飛んでいるの?なんて考える方もいます。

無線LANは有線と違いますし、携帯電話電波とも違います。無線LANの特性を理解すると、もしかしたら簡単に解決できる問題かも知れません。通信障害が出る理由、また通信が不安定になる理由は何か、当サイトで知って頂けたらと幸いです。

参照ページ《http://xn--wifi-uk4c3jne2cw865ct7xa.com/》
ポケットワイファイの速度を上げる自作パラボラの検証などを行っているサイトです。