無線LAN中継器はとても便利

無線LAN中継器の役割は、無線LANの電波が届きにくい状態の時、中継して子機まで電波が届くようにするという機器です。
たとえば自宅でWi-Fiを利用している時、リビングではしっかり通信できるのに、バスルームで利用しようとすると不安定になる、2階の自室に行くとまったく使えないという感じです。

これではせっかく無線LANにしたのに意味がありません。この場合、接続設定などに問題がなく場所によって確実に電波の通りが違うようだということなら、中継器を利用して電波を通りやすくしてあげる必要があります。

いくつかの壁があったり、そのほかの障害物がある、また、ガラスがあったり低い位置においている、さらには無線LAN親機の上にものが置いてあるなど、無線LAN親機が機能しない範囲があるというのも仕方ない状況もあります。

こういう時には無線LAN中継器を利用して接続しやすいようにサポートしてあげるといいのです。無線LANルーターからまずは無線LAN中継器に電波が飛び、さらい無線LAN中継器から子機に電波を通すという方法です。
壁がたくさんある、そのほか障害物となりえるものがある場合、中継器を購入し利用してみると驚くほど通信がよくなることもあるのです。

無線LAN中継器が必要な場合

無線LANは直線には強いけれど、障害物があってもよけることができませんし、カーブすることもできません。
直線的に電波を発するので、もしかすると無線LANの置場が悪いのかもしれません。また、無線LANの電波が届きにくい壁などがあり、そこを超えないと不安定になってしまう、接続できなくなるという状態かもしれません。

こういった場合、無線LAN中継器を利用すると解決することが多いです。無線LAN親機から無線LAN中継器を通じ、子機に対して電波を送ります。もしもタブレットやパソコン、スマホを無線LAN親機に近づけてみると、通信が安定する、接続が切れないということならまちがいなく電波が届きにくい状態といえます。

この場合、中継器を親機、子機から見やすい場所においてみると解決することが多いです。また途中に水槽などガラスがあると電波が通りません。そのため、水槽やガラスの花瓶など親機と子機の間で障害にならないようにしなければなりません。

中継器を利用することでかなりクリアに通信できるようになったというご家庭もあります。不安定だったり接続がたびたび切れるということなら、一度、無線LAN親機の位置を変えてみると、何が原因になっているのかしっかりわかるかもしれません。

不安定対応の前に

無線LANの接続が不安定だったり、速度がやけに遅い、頻繁に切れて接続できなくなるというトラブルが起きている場合、電波の問題以外にも問題が隠されていることがあります。
無線LANの危機への対応を考える前に、まずは設定、接続に関して間違いやトラブルがないか確認しましょう。

無線LANは常にファームウエアが最新の状態で利用する必要があります。ファームウエアの更新が住んでいないと不安定になる事もありますので、ファームウエアのアップデートを行ってみましょう。

また無線LANドライバーが正しく動作していないということもあります。
何もしていないのに・・・という方もいますが、案外このドライバーのトラブルが多く、ととりあえず、無線ドライバが正しく動作できているかどうか、再インストールもしくはアップデートしてみます。これは無線子機を利用している場合です。

さらによくあることなのですが、子機に接続ツールなどが重複してインストールされている事がります。この場合、複数が有効状態となっているため通信が不安定になります。さらにセキュリティソフトを導入されたばかりという方は、セキュリティソフトを無効にしてみてください。もしもこれが原因だったとわかった場合、ファイアウォールなどの例外設定で設定しなおします。
こうしたことをしてみると、意外と接続の不安定さがなくなることもあります。それでもだめなら無線LANルーター側のトラブルを疑ってみましょう。